スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アクリルヒーター製作

アクリル加工の為に以前からアクリルヒーターの購入を考えていたのですが、ホームセンターやネットで見てみると2500から数万円する物まであり安い物でもコントローラー付きになるとプラス3000位する物ばかりで金額を見る度に購入を控えていました(;ωノ|柱|。。。

アクリル曲げヒーターキットアクリル曲げヒーターキット
()
アクリサンデー

商品詳細を見る
アクリル曲げ用ヒーター アクリペット AP-1型アクリル曲げ用ヒーター アクリペット AP-1型
()
アーテック

商品詳細を見る

これからのPC計画の事もあるし何とかならないかな・・・・・

よし・・・・


作っちゃえ♡

と言う安易な思いつきで作る事にしちゃいました(´・∀・)
ホームセンターで実物を見る限りヒーターに電源用のコンセントがくっ付くだけの簡単な物の様に見えたので、思いつく限りの材料を揃えてみました。
購入した物一覧
ステンレスパイプ16mm×910mm=1本
受け足=2個
ニクロム線200w/300w/600w=各1本
接続用ビス=1袋
ベース用板910×18×100=1枚
シリコンガラスチューブ6mm/7mm=各1本
2014_07160002.jpg
2014_07160007.jpg
2014_07160009.jpg
2014_07160029.jpg

手探り状態での製作の為ガラスチューブとニクロム線は数種購入しました(´・∀・)
電源用コンセント
コントローラー用スイッチボックス
ライトコントローラー(白熱灯用調光器)
1.6×2VVFケーブル
上記の材料は会社から頂戴しました♪(もちろん許可済み)
材料が揃ったので早速工作開始!
ホームセンター等に売ってある物はヒーターとコントローラーは各単体で売ってあり、使用する時にコントローラーとヒーターをコンセントにて接続する物でした。
そんなの面倒くさいし、せっかく自作するのでヒーターとコントローラー部分を同じベースの上に固定する事にしました。
パイプを切る前にスイッチボックスをベースに固定して、残りの余ったスペースの長さでパイプをカットしました。
パイプのカットにはパイプカッターを使用します。
ホーザン(HOZAN) パイプカッター K-203 YD-1192ホーザン(HOZAN) パイプカッター K-203 YD-1192
(2012/03/09)
ホーザン(HOZAN)

商品詳細を見る

鉄用のノコギリでも切れますが真っ直ぐ綺麗に切るのが大変なのと、労力を考えるととても便利な工具です。
使い方は切りたい長さに印をしてパイプカッターの持ち手を締めながらクルクルと回すだけです(*´・ω-)b
2014_07160023.jpg
コツとして持ち手を一気に締めないで回す度に少しずつ締めていくと簡単にカットできます。
カットが終わり受け足を利用してベース板に固定します。
2014_07160025.jpg
(散らかってるのは気にしないでください)
画像の状態ではすでに両方のパイプの受け足に穴を開けてガラスチューブ6mmを通しています。
次にニクロム線を通すのですが今回はどの位の物を使えば良いのか解らないので、購入した物の丁度真ん中300wを使用してみました。
このニクロム線をガラスチューブより少し長めになるよう尚且つ平均的になる様に真ん中から少しずつ伸ばします。(写真撮り忘れました(-_-;)
伸ばしたものをガラスチューブに通してベース上で電源線と接続します。
接続は当初の予定を変更してベースにビス打ちをして、そこを利用して接続する事にしました。
電源線はVVFケーブルの中身だけ使用するので被覆を傷つけない様に切り分けます。
2014_07160030.jpg
2014_07160032.jpg
最初の画像の様に端から数センチカットして、残りは中身のどちらか1本を利用して引き裂く様にすると綺麗に分ける事が出来ます。
今回接続は抜け防止の為に端子を利用しました。
2014_07160033.jpg
電源線・ニクロム線共にビスへの巻き付けでも良いのですが、線の太さが異なる為細い方のニクロム線がなんらかの衝撃等で外れないようにする為です。
端子を利用するとしっかりとニクロム線も固定する事ができます。
CIMG1431.jpg
両サイドのニクロム線と電源線が固定出来たら最後にコントローラー部分の接続です。
コントローラーは工事等で使用する照明用ですが、ホームセンターでも見かけたりする事があります。
CIMG1429.jpg
電気工事士の方には承知の事かと思いますので飛ばして頂いて構いません。
コンセント側の電源線の片側をスイッチに繋ぎ、もう片側をヒーターの電源線1本に繋ぎます。
ヒーター側の残り1本をコントローラースイッチに繋ぎます。コントローラーとスイッチは赤い線で最初から繋がってるので、電気的にも全て繋がりました。
最後にスイッチボックスに固定して完成です♪
CIMG1428.jpg
早速試験をしてみました!
アクリル曲げには160度前後が良いらしいのですが、温度計なんぞ持ってやしません(´・∀・)
なのでテスターでアンペア数を確認して様子を見ながらテストしてみました。
2014_07160037.jpg
最初は0.4Aで作動してみたところパイプは高温になったのですが、アクリル板が曲がる気配は無く少しずつあげていく事に。
2014_07160038.jpg
最終的に1.4Aで綺麗に曲げる事ができました♪
2014_07160040.jpg
2014_07160039.jpg
ちなみに2.0A近くになると煙が出てきたので慌ててダイヤル下げました (゚∇゚ ;)
2枚ほど曲げてみましたが綺麗に曲がるので試作機予定が完成機になりました(≧∇≦)
コントローラー部分にはスイッチが付いているので手元でスイッチを切ることができます。
2014_07160041.jpg
起動時はスイッチのランプが消えるので見た目でもON/OFFが解り易いのでコントローラーの選択も良い感じに収まりました♪
CIMG1428.jpg
ヒーターからスイッチボックスまでの電源線はその内モールか何かで隠そうかと思います(´・∀・)
構想1日。
材料集め1日。
製作時間15分。
こんな事ならもっと早く作っておけば良かった(´;ω;`)ウゥゥ
材料が余っているけど放置する事にします・・・・

これでPCパーツの幅が増えると思うので色々活用していきたいと思います♪
最後まで読んで頂きありがとうございました♪
スポンサーサイト

2014/07/16 20:54 | 工作・DIYCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。